HOME>企業理念・哲学

会社方針

超現実がイノベーションを生む「不可能を可能にする精神」で何事にも挑戦!

スローガン

「魂の入ったモノづくり」を目指し
「ひとつずつ、一歩ずづ」 向上していこう

哲学

今から20年程前の話です。

アメリカ、サンフランシスコのシリコンバレーへ行ってコンピュータの仕事をしていました。

そこで働くベンチャー企業の経営者たちや技術者たちは、いつもこんな事を言っていました。

 

「人間が思いついたことは、なんでも全て実現できるんだよ!」

紙のような薄さのテレビだってできるし、

コンピュータグラフィックだって実写と見分けがつかないものも出来る

手のひらサイズのパソコンだって出来るし、

これからは電話線をつないで世界中の人とデーターをやり取りできる・・・

まだフロッピーディスクでデーターをやり取りしていた時代ですからね。

 

当時は「へえーすごいなー!そんなこと出来るの?」なんて思っていましたが

今となってはどれも当たり前の話です。iPhoneがあって、インターネットがあって、・・・

なんでも実現されています。

 

さらにシリコンバレーの人たちが言っていたのは

「重要なのは思いつくこと自体、そのものなんだよ!」

「思いつくためには、日常的にイノベーションを起すことを意識していなければならない!」

 

そんな風に言っていました。

 

私の解釈では「探究心の強さ」と言うように思っていますが、探究心を深く深く辿っていくと、

そこには超現実が存在します。

 

ここで言う「超現実」の定義としては、現実の中の更に内側・・・いわゆる本当の現実を指しています。

皆さんが毎日、仕事で、それぞれのものづくりをしていますね。

 

例えば、塗装をしている・・・

実際、どのように塗料が、製品に塗着しているのか?

例えば、金型でバンパーを成形している・・・

見ることの出来ない金型の中で、溶かされた樹脂がどのように流れているのか?

例えば、製品を検査している・・・

自分はいったいどの様に視力を使っているのか? どの様に脳みそで感知しているのか?

 

物事の本質を超現実として捉えることによって、不思議なことが不思議でなくなり、

難しいと思っていたことが簡単になり、そして、自分自身で理解や納得ができるようになります。

 

理解できてしまえば、更に良くする方法や応用する方法がスッキリ見えてきます。

これが「イノベーション」や「ひらめき」など、いわゆる革命に繋がって行きます。